ノシャップ寒流水族館で飼育されているフンボルトペンギンが高齢化し世代交代が急がれる中、旭山動物園から若いペンギン2羽が仲間に加わることになった。
 現在、飼育しているペンギンは4羽とも20~22歳と高齢化しており、若いペンギンの繁殖を目的に旭山動物園で卵を産み育てた経験のあるペアのペンギン(オス10歳、メス5歳)が、12月上旬にも稚内に来ることが決まっている。
 稚内で本格的なペンギンの繁殖に取り組むのは初めての事で、旭山動物園の飼育員からアドバイスを受けながら、夏季オープンまでは展示せず、環境に慣らしていきたい―と。