%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e6%84%9f%e8%ac%9d%e7%8a%b6

 道の観光ホスピタリティ(おもてなし)の実践者等に対する知事感謝状が、稚内市民観光ボランティアガイド(中澤和一会長ら会員38人)に贈られた。稚内では平成3年以来25年ぶりとなった。
 平成20年の発足以来長年に亘り観光客へのおもてなし活動が認められたもので、22日午後の伝達式で坂本宗谷総合振興局長から感謝状を受け取った中澤会長(69)は「会員全員が稚内のPRに一生懸命やってきた結果であり、いつか実現を夢見る宗谷丘陵を会場としたフットパスの全道、全国大会が開催できるよう丘陵の白い道など全国の人にPRしたい」と、受賞を契機に活動を活発化していくことを誓っていた。