%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e5%af%be%e7%ad%96

 市と市教委主催の子どもの貧困対策講演・シンポジウムは22日夜、文化センターで開かれ、参会者たちは子供の貧困問題についての情報を交換した。
 昨年に続き2回目の貧困対策シンポジウムには、教育関係者ら市民220人余りが出席。青山副市長が「子供の貧困の連鎖を絶ち切るためにも市民ぐるみの支援やオール稚内で進めていきたい」などと挨拶した後、北大大学院の松本伊智朗教授=写真=が講話した。貧困によって孤立化する家族や貧困に悩む子供への支援などに対して松本教授は「一方的に支援するのではなく、子供と一緒に支援方法について考えることが重要であり、稚内にはそれらに取り組む土壌がある」とした。
 引き続き、鎌田正之(東小校長・市校長会会長)、若林利行(稚高校長)、山下優(大谷高校長)、斉藤吉広(稚内北星大学学長)さんと表教育長の5氏が夫々の立場で貧困状況に対する提言を行った中、鎌田校長が虐待の恐れがある子供がいる家庭を対象に支援する見守り家庭が東地区ではこの10年間で増えている現状を説明し「学校と地域の福祉が協働することが重要」などと述べていた。