OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 宗谷中で19日、産業教育学習発表会が開かれ、全校生徒25人が水産業について学んだ成果を発表した。
 同校の「ふるさとに学ぶ産業教育」の教育活動として、1年生はエビの漁獲に臨場するなど漁労体験、2年生はタコのくん製加工体験、3年生は修学旅行先の札幌で加工品を販売する体験など、各学年で水産業について学習してきたことを地域住民、宗谷小5、6年生児童ら50人を前に発表した。
 発表後、ゲストアドバイザーとして出席した桜庭宗谷総合振興局水産課長は「発表内容は素晴らしく、今後も水産業発展のため頑張ってほしい」などと講評した。