%e9%a3%b2%e9%85%92%e9%81%8b%e8%bb%a2%e6%92%b2%e6%bb%85

 市は18日夜、中央地区の飲食店街で飲酒運転根絶の啓発活動を行った。
 2年前の11月20日に市内で発生した飲酒運転による交通死亡事故を風化させないとし、20日まで展開中の冬の交通安全運動の一環として実施された啓発活動には市のほか、稚内署、宗谷総合振興局などから関係者10人が参加し、2班に分かれ仲通りなどの飲食店30軒を回り、店主に啓発用のチラシを配布した。
 忘年会シーズンを迎え飲酒する機会が増えることから、水島稚内署交通課長は「今年に入って飲酒運転で5人が逮捕されている。飲んだら絶対にハンドルを握らないようしてほしい」と飲酒運転根絶を訴えていた。