%e9%a3%b2%e9%85%92

 20日まで展開される冬の交通安全運動として、宗谷総合振興局は16日、潮見2の国道40号沿いで飲酒運転撲滅の旗波作戦を実施し飲酒運転の根絶を訴えた。
 全国的に飲酒運転による事故などが後を絶たない中、旗波作戦には市や稚内署、稚内市交通安全母の会なども加わり、参加した関係者40人を前に、石澤博隆くらし・子育て担当部長が「年末を控えお酒を飲む機会が増える。飲酒運転は大きな事故に繋がる危険性もあり、飲酒運転をしない、させない、許さないという強い気持ちで実施したい」と挨拶したあと、参加者は国道沿いに立ち交通安全旗を掲げる作戦を展開した。