%e6%b5%b7%e6%96%97%e5%90%9b

 10月に江別市で開催された第37回JSCAブロック対抗水泳競技大会で平泳ぎ50、100㍍の2種目で優勝した稚内SC所属の東中1年大日向海斗君(12)が、12月10~16日までオーストラリア・ブリスベンで開催される2016クィーンズランドスイミングチャンピオンシップ大会の平泳ぎ100、200㍍など個人5種目と団体メドレー、フリーリレー200㍍の計7種目に日本代表として出場することが決まった。
 先月開かれた同大会で2冠達成と道内男子として初めて優秀選手賞に輝いたことを受け日本代表の14人に選出され、この中から日本スイミングクラブ協会選抜6人に特別選出され派遣されることになった。道内選手の選抜は7年ぶりで稚内SC所属選手の海外派遣は初めて。
 初めての海外遠征に大日向君は「派遣選手に選出されて嬉しいです。初めての海外で不安はありますが1位を目指して頑張り、良い結果を持って稚内に戻ってきたい」と意気込みを見せていた。