%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88gp

 写真家・斉藤マサヨシさん(61)の作品が全日本写真連盟創立90周年を記念した全日本フォトグランプリで入選した。
 全日写連、アサヒカメラなど主催のフォトグランプリは「あなたが住む郷土を再発見しよう」とのテーマで全国の写真愛好家などから募り、都道府県単位の予選を通過した作品200点(道内5点)から選ばれたもので、斉藤さんの作品は「風雪激走」。
 今年2月に大沼で開催された犬ぞりレースの4頭引きを撮った作品で、寒さ厳しい風雪の中でレースをする犬たちの走るパワーを表現しました―と振り返った斉藤さんは、今回の入賞に「12月には東京の有楽町で入賞作を集めた写真展が開かれるので、稚内の犬ぞり大会を全国の人にPRできれば撮影した甲斐があります」と話していた。