%e3%83%86%e3%83%ad%e3%81%ab%e5%82%99%e3%81%88

 7日午後、稚内港中央埠頭で国際テロ対策合同訓練が行われた。
 水際での危機管理体制の連携を強化するため年1回実施しているもので、稚内海保、稚内署、市など関係機関から50人余りが参加。コルサコフ港から稚内港に向かうフェリーにテロリスト数人が乗船している可能性があるとの想定で訓練は行われ、海上では稚内港接近に伴い洋上警戒中の巡視船「きたかぜ」が港内に進出する不審船を発見、銃撃戦のすえ海保が制圧し、陸上でも入国管理局で偽造パスポートを所持する外国人を発見、連行し手荷物のバッグから爆発物を発見し警察による爆発物の処理訓練が行われた。
 参加した関係者は、本番さながらの緊迫した訓練で関係機関との連携を確認していた。