%e4%bb%8a%e5%b9%b42%e9%9a%bb%e7%9b%ae

 サハリンプロジェクトのLNG(液化天然ガス)基地があるプリゴロドノエで活躍しているタグボート「スピッツア・サハリン号」(670㌧)が稚内港湾施設乾ドックに入渠した。サハプロ船は今年2隻目。
 定期検査のため平成23年以来5年ぶりに稚内に入港したサハリン号は10月29日に乾ドックに入った。船体整備し今月末の出渠を予定している。
 上架場には中間検査のため羽幌沿岸フェリーの高速船「さんらいなぁ2」 、波間漁業の第五やまさん丸が整備・点検中。
 12月にはハートランドフェリーの「サイプリア宗谷」の入渠を予定。年内までは昨年並みの受注件数です―と年代取締役工務部長。