%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e6%8a%80%e8%a1%93

 全日本選手権で優勝した元五輪選手の松下浩二さんらによる卓球講習会は30日午後、緑体育館で開かれ、市民はプロの巧みな技術を伝授された。
 市体育協会と稚内卓球協会主催の講習会には、市内のほか枝幸、中頓別などの小学生~社会人までの120人が参加。松下さんと元五輪選手の仲村錦治朗さん両氏を講師に、バックハンドやフォアハンド、サーブなどの基本練習に汗を流した。カットボールを打つ時は「しっかりと足を前に出して一定のスイングとボールを山なりに返すことを意識して打つと安定してミスが少なくなる」などとのアドバイスを受けた人たちは、世界で活躍した両氏の技術を習得しようと懸命に取り組んでいた。