%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%8f%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8

 稚内商工会議所青年部の設立総会は25日夜、ANAクラウンプラザホテル稚内で開かれ、初代会長に武藤尚氏(41)が選任され、青年部の新たな門出と今後の発展を誓った。
 人口減少、少子高齢化、消費の低迷などにより稚内商工会議所会員事業所を取り巻く環境が厳しさを増すなかで、稚内の50年後を見据え若手経営者の行動力と斬新な発想で地域活性化を図りたいとする中田会頭の意向を受け、今年8月、発起人会(小鹿卓司代表)を立ち上げ準備を進め、全国の会議所として463番目、道内でも27番目の青年部設立に至った。
 総会には会員42人、関係者を含め60人が出席し、小鹿発起人代表の挨拶に続き、活動方針など事業計画が報告されたあと、武藤新会長が「この地域経済を盛り上げていくためにも皆さんの協力をお願いします」などと挨拶。続いて中田会頭が「強いリーダーシップを持って皆さんの若い行動力と斬新な発想で地域活性化を図ることに期待しております」と激励した。
 役員は次の通り。
 ▽会長代行 小鹿卓司▽副会長 今村仁泰、貝森貴博、梶隆一▽専務理事 渡邊裕道▽理事 飯沼剛、大菅信剛(経営・ビジネス育成委員長)、久手剛、神誠二、中田有介(地域政策委員長)、中山亮(経営力向上地域がっちり委員長)、本山哲司、山本崇博▽監事 中居利文、山本博文。