%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e4%bc%9a%e8%82%b2%e6%88%90

 全国子ども会連合会と北海道子ども会育成連合会主催の北海道地域子ども会育成研究協議会は22、23の両日、文化センターで開かれた。
 稚内で平成4年以来24年ぶりに開かれた研究協議会には、教育関係者100人が参会し開会式席上、長年に亘って活動を続けてきた本年度の北海道子ども会育成連合会表彰で8団体15個人が表彰された中、育成者・指導者部門で稚内市から畑中祐美子さん(64)と木村裕一さん(53)に伝達された。
 引き続き、北大大学院教育学研究院の川田准教授=写真=が「現代を生きる子どもの理解と環境づくり」と題して講演し分科会が開かれた。
 23日は第52次日本南極地域観測隊員に参加した市職員の市川正和さんによる「南極人からお願い~みんなにできること~」と題した記念講演もあった。