宗谷総合振興局は22日、27歳の男性職員が酒気帯び運転で検挙されたことを発表した。
 同局によると、男性職員は21日夜、同僚と一緒に大黒の飲食店数軒で飲酒し、同僚と別れたあと、22日午前1時半頃に代行車を呼んだが来なかったため午前2時頃、自ら運転し帰宅する途中、巡回中の署員に止められ、アルコール検査をした結果、呼気から0・15㍉㌘のアルコールが検出された。