%e5%ae%97%e8%b0%b7%e3%83%90%e3%82%b93%e3%81%a4%e6%98%9f

 公益社団法人日本バス協会が認定している貸切バス事業者安全性評価認定制度で宗谷バスが最高評価の「3つ星」に認定された。
 同制度は全国の貸切バス事業者を対象に、安全運行のための取り組みや事故の有無などで格付けしているもので、同社では安全運行やドライブレコーダーなどの設備投資、乗務員の健康管理や労働基準法の遵守などの総合評価の結果、制度開始の24年に星1つ、26年に星2つを獲得し、今回星3つに昇格し認定になった。
 9月29日現在、道内では79事業所が星を獲得し3つ星は23事業所。旭川以北では同社だけが認定を受けた。
 これから始まる冬季観光ツアーを含めて白山貴代治安全マネージメント担当部長は「安全は最大のサービスをモットーに、これからもお客様の安全安心を第一に取り組んでいきたい」と話していた。
 認定制度の有効期限は平成30年12月末までの約2年間で、同社では認定を受けた車両58台に認定証ステッカーを貼っている。