%e5%b0%8f%e9%81%8a%e4%b8%89%e5%b8%ab%e5%8c%a0

 稚内市文化事業振興協議会主催の落語パラダイス~小遊三と紙工劇落語~は18日夜、文化センターで開かれ、300人の市民が「笑点」でお馴染みの三遊亭小遊三さんらの寄席を楽しんだ。
 若手落語家の春風亭べん橋さんの高座を皮切りに、紙切り芸人の林家二楽さんによる紙切り芸、桂小南治さんと二楽さんによる紙工劇落語が披露され、ハサミで巧みに紙を切り芸を見せる二楽さんらの落語を楽しんだ。
 小遊三さんの高座では、故立川談志さんや今年9月で放送50周年を迎えた「笑点」の歴史など思い出話をユーモアたっぷりに紹介し、会場内は爆笑の渦に包まれていた。