%e8%83%b8%e3%81%ab%e8%bc%9d%e3%81%8f

 リオ・パラ大会の自転車男子個人ロードタイムトライアルで銀メダルに輝き、3大会連続しメダルを獲得した稚内出身の藤田征樹選手(31)が17日夕方、空路帰省した。
 道庁で高橋知事から道民栄誉賞特別賞を受賞し午後5時前、稚内空港に到着した藤田選手は、表教育長ら関係者の出迎えを受け花束を贈られた。
 銀メダルを手に藤田選手は「掲げた目標(金メダル)には届きませんでしたが、しっかりとメダルを獲れたことは良かった」と大会を振り返り、4年後の東京大会については「可能性としてはあると思いますが、今は目標とかをしっかり立て直し、その上で狙っていけるかどうかを考えていきたい」と語った。
 藤田選手のメダル獲得報告会は18日午後6時半からANAクラウンプラザホテル稚内で開かれる。