昨年、ハートランドフェリー社が日ロ定期航路から撤退以来、運航経費の支援を約束していた高橋知事。一旦暗礁に乗り上げ支援も遅延していた格好だが、道議会で稚内市が拠出する運航費用3000万円の半額1500万円支援することを表明する◆道にとってもサハリン航路は途絶えさせてはならないものだが、そこには吉田道議の働きかけもあったのだろう◆来年以降の助成は白紙のようだが、互いの太いパイプは確固としてあり、稚内とサハリン、ひいては日本とロシアとの絆もこうありたいものだ。