%e5%bc%b7%e9%a2%a8

 発達した低気圧の影響で4日、稚内地方は大荒れの天候になり、宗谷岬では午前8時頃に瞬間最大風速33・6㍍の猛烈な風が吹き荒れた。
 稚内地方は4日未明に暴風警報が発表され、開運で21・7㍍、声問27・3㍍の非常に強い風が吹き、波は5㍍の大シケとなった。
 この影響で利礼フェリーは全便欠航、空の便は羽田、千歳からの午前中の便が条件付きで運航。JRは通常通り。
 稚内地方気象台によると、風のピークは昼過ぎまで。警報は午後から強風注意報に切り替わる見込みだが夜遅くにかけて陸上で20㍍の風が吹くため、飛来物など注意するよう呼び掛けている。