60%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%81%ae

 稚内地区保護司会(杉本宏会長)の創立60周年記念式は30日夕方、サンホテルで開かれ、出席した90人余りの関係者は今後の発展を誓った。
 式典で杉本会長は昨年、開所した保護司の活動拠点となる更生保護サポートセンター(宝来2)に触れ「情報発信施設としての機能の充実、地域住民との連携を強化し更生保護活動を推進していきたい」と決意を語った。記念事業の発表、15年以上勤続の保護司16人に稚内市長感謝状、保護司活動に貢献した個人43人と3団体に稚内地区保護司会会長感謝状が贈られた。
 受賞者を代表し西岡信吾前稚内地区保護司会副会長と中陳憲一更生保護援護協会長は「ご指導を頂いた皆さんからの大切な贈り物であることを肝に銘じ、更生保護のため一層の精進を重ねて参ります」と謝辞を述べた。
 式典終了後、祝賀会が開かれ、出席者は南中ソーラン連などの余興を見るなどして節目を祝った。