%e8%87%aa%e8%b2%a9%e6%a9%9f%e3%81%ab

 稚内署と北海道コカ・コーラボトリング稚内販売課(齊藤正彦販売課長)は30日夕方、オレンジ通り商店街で飲酒運転根絶の啓発活動を行った。
 同社では、飲酒運転根絶活動として道内に設置している自動販売機にポスターを貼る飲酒運転撲滅活動に取り組むことになり、稚内販売課でも稚内署管内(稚内、猿払、利礼3町)に設置されている自動販売機33台にポスターを貼り注意喚起している。
 啓発活動では、齊藤販売課長、髙橋敏アカウントマネジャー、水島稚内署交通課長らがオレンジ通り商店街に設置の自動販売機にポスターを貼り付け、飲食店を訪れては店主にチラシなど配布し飲酒運転根絶への協力を求めていた。
 髙橋アカウントマネジャーは「これから飲酒する機会が増えてくるので飲んだら絶対にハンドルを握らないことを心掛けてほしい」と話していた。