%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ae%e9%ad%9a

 宝来地区を流れるトベンナイ川に、金魚か鯉のようなオレンジ色の魚が泳いでいるのを近所の男性が見つけ本紙に連絡をくれた。
 釣りを終え帰宅途中河口付近にいるサケを確認するため川に立ち寄ったころ、河口から約10㍍ほど上流の少し深い所に、オレンジ色の物体が行ったり来たりしているのを発見。最初はゴミだと思ったが、川の中にいたウグイと一緒になって群れて泳ぐ魚だと分かった。
 体長は15~20㌢程度。この魚がいた所は河口からそれほど離れておらず、シケた時は波で海水が川に入りそうだが「誰かが放してここにいると思うが、何時からいて、何を食べているのか」と不思議そうに話していた。