%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b

 道教育大学旭川校の学生が26日、東小を訪問し、2、4年生に音楽の楽しさを伝える出前授業を行った。
 鎌田東小校長と旭川校の芳賀均講師の縁により教育学部教員養成課程音楽分野を専攻している大学生に授業構成など学んでもらい、児童には音楽の魅力を伝えようと管楽器のアンサンブル演奏などした。
 4年生83人は、旭川校の嶋崎彩音さんら4人がアルトサックス、木琴などで演奏する「キューピー3分クッキングのテーマ」を聴きトライアングル、タンバリンの正しい演奏の仕方を教えられ、トランペットを吹く体験もした。
 午後からは2年生も大学生の出前授業を受けた。