稚内漁協の第2回コンブ入札会は20日午後、開かれ、上場は2463駄(15㌔)・個と1回目(8月22日)の入札会に比べ3倍ほどに増えたが、価格は上伸したものの期待値には遠く、上場の6割は4等と加工用が占め、低調と言えば「低調」と言える結果だった。
 1駄当たり平均落札価格は次の通り。
  〈稚内成昆布〉▽1等 8万2800円(1回目との対比2・6%高)▽2等 6万300円(同3・6%高)▽3等①4万8530円(同5・8%高)▽3等②4万4385円(同4・6%高)▽4等 3万5162円(同3・7%高)〈加工用〉▽1等 2万787円(同1・1%高)▽2等 1万8015円(同1・7%高)。
  〈声問成昆布〉▽1等 8万1135円(同0・5%高)▽2等 6万4635円(同0・7%高)▽3等①4万8285円(同0・9%高)▽3等②4万3650円(同2・8%高)▽4等 3万6360円(同6・8%高)〈加工用〉▽1等2万565円(同0・8%高)▽2等 1万8045円(同1・9%高)。