%e5%af%8c%e5%a3%ab%e8%a6%8b%e5%9c%92%e6%95%ac%e8%80%81%e4%bc%9a

 16日、特養富士見園で敬老会が開かれ、職員が入所しているお年寄りの長寿を祝った。
 参加したお年寄りら100人余りを前に根本豊成理事長は「皆さんが長きに亘り社会貢献してくれたことに感謝し、園での余生を楽しく過ごして頂きたい」と挨拶。続いて中田宏富士見町内会副会長が「ここのお年寄りは町内の人達より元気。また来年も会いましょう」と祝辞を述べた。
 根本理事長から喜寿(77歳)、米寿(88歳)100歳など迎えた12人に市から祝金、園からの花など贈った後、お祝いの会では職員が南中ソーランを発表し、今年これまでの行事をスライドで振り返った。
 夜には夕食会で交流した。