16%e7%9b%86%e6%a0%bd

 稚内盆栽愛好会(横山考会長)の第34回稚内市民盆栽展が、17日から文化センター小ホールで開かれ、市民が盆栽の奥深さに見入っている。18日午後4時まで。
 横山会長(80)ら会員10人が丹精込めて育ててきた樹齢100~200年のエゾ松、黒松、ナナカマドなど20点余りを展示。横山会長の「枝の力強さ、逞しい姿が盆栽の魅力なんですよ」との説明に、訪れた市民は「素晴らしい」と力強い松に見入っていた。
 ロビーでは生け花展も開かれている。