%e9%87%8e%e8%8f%9c%e9%ab%98%e9%a8%b0

 台風、高温の影響でニンジン、ダイコンなど野菜の値段が高騰している。
 生鮮市場稚内店では8月の高温により生産量が減ったハクサイ、ダイコンなどが昨年より50円以上の高値を付け、台風の影響を受けたニンジンも上がっている。一方、タマネギは台風被害のあった北見以外から仕入れており、値段は安定している。
 青果売場担当者によると「今年はほとんどの野菜が昨年より高く、赤字覚悟で販売しなければ消費者は買ってくれない」と嘆き節。
 17日午前中、買い物していた40代女性は「野菜の高騰は家計に響くので安い物で済ませるようにしています」と話していた。