%e9%80%9a%e5%b9%b4%e9%9b%87%e7%94%a8

 稚内地方通年雇用促進協議会による企業向け経営支援セミナーは14日午後、ポートサービスセンターで開かれ、参加した16事業所22人の関係者は、通年雇用制度について知識を深めていた。
 弁護士で社会保険労務士の奥野舞さん(札幌)が「苦境を乗り切る人材育成~育て・活かし・動かす~」と題して講話したあと、高藤大敬稚内職安雇用保険給付調査官が通年雇用奨励金について説明した。
 道内の企業が取り組む人材育成の実例を紹介した奥野さんは「どんな行動をとってほしいかを従業員に明確にするためにも日頃からのコミュニケーションを大切にしてほしい」などと話していた。