明後7日は野の草に露が宿り始める「白露」。1カ月に二つある二十四節気のひとつなのだが、響きも字面も良く個人的にも好きな節気である◆朝早く散歩に出ると草には露が光って見え秋に入ったことを実感する。冬は兎も角、雪が融け花が咲き、北門神社祭りを楽しみ、南極まつりの花火、食マルシェで幸を堪能しながら他の土地での台風など災害に眉を曇らしては、仕事や周りの人たちの幸・不幸に一喜一憂し、今年も残すところ110日ほどになった◆恙なく酉の年を迎えられるようもうひと踏ん張りしますか。