宗谷管内の秋サケ定置網漁は30日の日本海北部(稚内~宗谷)陸網を皮切りに、沖網が9月3日、オホーツク西部(宗谷~枝幸)の陸網9月3日、沖網8日と解禁される。
 操業統数は日本海北部が稚内漁協12カ統、宗谷漁協3カ統、オホーツク西部は宗谷漁協6カ統、猿払6カ統、頓別漁協3カ統、枝幸漁協21カ統の全部で51カ統。
 昨年は425万3470匹(日本海83万5098匹、オ海341万8372匹) 。爆弾低気圧で被害を受けた日本海の低調を豊漁だったオ海が補い金額も51億8300万円とオ海、日本海合わせ秋サケ定置網史上最高となった。
 今年の本道への来遊見込みは、昨年より32万匹多い522万7000匹(昨年見込み対比6・5%増) 。オ海411万6000匹(同26%増) 、留萌含む日本海で111万1000匹(同34%減)。
 宗谷海区漁業調整委員会の齋藤事務局長は「数量、金額とも史上最高だった昨年より来遊見込みが多く期待している」と話していた。