酪農体験

 学校法人角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校「N高等学校」(本校・沖縄県うるま市)による職業体験は23日から始まり、26日までの期間中、生徒たちは稚内市大規模草地で酪農体験している。
 今年4月に開校した同校は、地域に根づく産業や伝統文化を知る機会にと、生徒100人余りが7月下旬~12月上旬まで全国14カ所で職業体験を実施。稚内には15歳~23歳までの1、2年生男女8人が来市し、23日から哺育舎で生後1カ月余りの仔牛に授乳し敷きワラを交換するなど酪農作業を体験している。
 初めて酪農体験した千葉県の二宮聖菜さん(17)と神奈川県在住の小山永遠さん(16)の2人は「生後間もないのに力強くて驚きました。仔牛をしっかり誘導できるように頑張りたい」と話し、汗を流しながら取り組んでいた。
 25日は樺岡地区の農場を見学し宗谷岬などを観光し、26日に帰途に就く。