稚内にとって生命線ともいえる日ロ航路で工藤市長がサハリン訪れ、関係者と懇談することになった。航路復活に並々ならぬ意欲を持って臨み3セクまで立ち上げたのだから当然と言えば当然のことだが◆3セクの「北海道サハリン航路」の日向寺専務が記者会見まで開き、当初予定より乗船客が下回ることを明らかにし理由まで説明したが、そこまで丁寧にしなくても―との思いはある◆予定通りいかないのは世の常であり、そんなに悲観するものでない。今年は運航することが大事な事だったはずである。