園児にゴール

 20日、レバンガ北海道の折茂武彦、野口大介両選手が富岡幼稚園保育園を訪れ、壁掛けのミニバスケットゴールを贈った。
 同チームは、幼児教室こどもクラブとスポーツを通し地域貢献事業の一環として、道内にある幼稚園にミニバスケットゴールを寄贈するドリームリングプロジェクトに取り組んでおり、応募した同園が抽選の結果、当選したことから訪れた。
 20日午後、枝幸でバスケットボールクリニックを終え同園を訪れた折茂、野口両選手は園児代表の山口駿斗、船山恭雅両君2人にバスケットゴールを贈った。
 ゴールはホールに設置される予定で、橋本園長は「園児の運動能力を高めるため活用していきたい」と感謝していた。