「炎暑列島」という冠が相応しいほど日本各地が時には40度近い熱波に襲われている。ニュースを見ると一日に数百人の熱中症患者が救急搬送され何人か亡くなっている。一口に言えば地球温暖化が原因なのだろうが、それにしても暑過ぎる。稚内も今夏は暑い。
 35度以上の猛暑日といっても例年なら蚊帳の外に置かれる稚内でさえ、今年は25度以上の夏日が連日続き、昨日は台風一過の好天もあり、前日、商工会議所に忘れた雨傘を日傘にしジリジリした太陽を避けた。
 稚内では7~8月にかけ道内外の大学・企業スポーツチームの合宿があり、先日にはバスケの7大学によるプレシーズンマッチも開かれたが、屋内競技とあってさぞかし暑かったであろう。それでも道外に比べると暑さもそれほどでなく、夏季合宿としての成果に各チームとも手応えあったことであろう。
 暑いとはいえ稚内の気温は札幌など道内各地と比べ5度以上低く本州とは10度以上も違うのだが、炎天下のスポーツや作業だけでなく、室内で何もしないでいても熱中症になる恐れがあるので、水分と塩分摂取は欠かさず体調に十分留意しなければならない。扇風機も必要であろう。
 アフリカなど赤道直下の熱帯国からは日本はまだまだ過ごしやすいものの、40度を超える〝炎暑〟となった日には経済含め人間活動が停滞し、ひいては国力低下に繋がらなければいいがと案じる。
 そのうち稚内が気候的には最適な土地になるやも知れない。そう夢想しながら高校野球を見ると北海高が健闘している。熱い訳だ。