5社出店

 稚内観光物産協会(中野修二会長)と鶴屋百貨店(熊本)の商談会が18日、経済センターで開かれ、11月9~23日まで鶴屋百貨店で催される「大道産子市」に稚内の4社が出店することが決まった。
 鶴屋百貨店が道産品を集め出店する大道産子市は今回で48回目。出店前半の9~15日まで道北地域の道産品を特集することから稚内では初めて商談会を開いた。
 今回参会したそうべい、大東食品、中央水産、石崎食品販売の4社は、鶴屋百貨店の守部賢正グループチーフら2人に自社の海産物などPRしていた。
 商談を終えた中野会長は「熊本は稚内にとって馴染みが余りないため販路拡大に向けて頑張りたい」と話していた。
 すし処美奈味(大黒2)の出店も決まっている。