帰省で

 お盆を故郷で過ごす人たちの帰省ラッシュが11、12の両日ピークを迎え、交通機関は陸海、空とも混雑している。
 利礼航路は人、車両で早朝から混雑し、ターミナル出発口は土産を手にした帰省の家族連れ、大きな旅行バックを持った観光客が長い列を作り、12日の午前中の便で利尻行き600人余り、礼文450人余りがフェリーで島に渡った。
 空の便は12日の千歳下り1便目、東京下り2便はほぼ満席で13日以降も混雑している。
 JRは札幌発のスーパー宗谷1号、サロベツの指定席は満席。札幌からの都市間バスは帰省客で混雑しており12日の夜行バスは4台運行しほぼ満席となっている。
 各交通機関の戻りのピークは15日以降になる。