坂道に

 こまどり町内会(岡谷繁勝会長)にある坂道の中腹に手作りベンチが設置され、地域住民の休憩場所として好評だ。
 今年6月、住み良い街づくりに向けた住民の意見交換会を開いた際、お年寄りから「買い物帰りなどで荷物を持って歩くと大変なので途中で休める場所がほしい」との意見があった。この地域は、高い場所で海抜63㍍もあり坂道が多い。町内に住むお年寄りたちのため坂道を登り下りするのにベンチを設置することを決めた。
 手製ベンチは、丸太などを利用して製作され、町内の坂道6カ所に「いっぷく」と書かれた看板と一緒に設置された。早速、買い物帰りや散歩の休憩場所として利用されており、利用者からは「この地域は高齢者が多く住む地域で買い物帰りに坂道を登ると大変だったけど、ベンチが設置されたので休むのにとても助かります」と感謝の声も。
 岡谷町内会長は「意見交換会を通じて気付くことが出来ました。今後も住民の意見を聞き可能な限り住民が暮らしやすいよう取り組んでいきたい」と話していた。
 ベンチは11月末まで道端に設置される。