道路情報に英語

 道開発局は国道に設置している電光道路情報板の表記を英語にし外国人に対し交通案内や気象情報など伝えている。
 道内で外国人観光客へのレンタカー貸出件数が年々増加しており平成23年は6355件だったのに対し、昨年は6倍の3万8481件と激増。これを受け道路情報や注意喚起の情報板を、英語表記にし情報発信しているもので、稚内開建が管理する国道40号、238号、275号にある45カ所の情報板でも導入した。
 はまなす1の国道238号では「運転中のスマホ、携帯電話使用禁止」と「Don't Use Smart Phone While Driving」を交互に表示している。
 開建では交通事故発生による通行止め、大雨など状況に応じて案内表示を切り替え、外国人観光客が安心して旅行ができるよう情報発信していきたいとしている。