国道シェルター

 北海道コカ・コーラボトリング稚内販売課(齋藤正彦販売課長)は3日、国道40号開源=写真=と国道238号猿払のパーキングシェルター周辺で清掃奉仕活動を行った。
 同社は昨年12月、稚内開建、豊富町、猿払村と災害時の締結を行い、地域住民や道路利用者の安全安心や利便性を確保するため開建が管理する管内2カ所のパーキングシェルターに設置した災害時対応型自動販売機で、非常時の道路情報を電光掲示板で発信すると共に、清掃活動もすることにしている。
 開源での清掃活動には、齋藤課長のほか稚内開建、豊富町役場の職員11人も参加し、シェルター内に落ちている空き缶やペットボトル、吸い殻などのゴミを拾っていた。