稚内観光協会は、7月中の外国人観光客来市状況をまとめた。
 新千歳、旭川空港との直行便など利用による団体客は、台湾から8本あり188人、中国から3本68人、ハワイから2本55人、タイから1本18人稚内入りした。
 個人客は台湾79人、中国54人、韓国24人、香港74人、アメリカ35人、シンガポール、イタリアなどその他147人の391人。総体は720人。昨年同月から31%の320人減った。
 昨年から台湾のツアーが半減し総体数も減ったが、最近は香港、シンガポールなどからの個人客が目立ち、協会の観光案内所の利用者も増えているそうだ。