2羽の白鳥

 大沼に2羽のハクチョウが居座り、野鳥観察に訪れた人たちの人気を集めている。
 本来であればシベリアにいるはずだが、このハクチョウは6月下旬に大沼に飛来。沼に暫くいるうちに羽が生え変わり、遠い距離を飛べなくなったことから棲み付いている。
 普段は大沼と声問川周辺を行き来しているようで27日朝、バードハウスに訪れた観光客は「この時期はいないハクチョウを見ることができラッキーでした」と喜んでいた。