音楽フェス

 太陽光発電でライブの電力を賄うイベント「TEPPEN MUSIC PARTY♯2」は24日、えびなイベントホールで開かれ来場した市民がライブなど楽しんでいた。
 昨年に続き太陽光発電の電力を使ったライブは2年目となり、地元、札幌などからのミュージシャンら12組が出演した。
 わっかない子どもミュージックサークルエンジェルボイスの歌を皮切りに、SE―NOの蝦名摩守仁、摩守俊さんのソロライブほか出演者のセッションもあり、聴衆は手拍子で応えていた。
 手作り雑貨、地元企業の飲食店の出店などもあり多くの人で賑わった。