藤田選手懸垂幕

 9月リオデジャネイロで開催されるパラリンピックの自転車競技に出場する稚内出身の藤田征樹選手(31)を激励する懸垂幕が市役所に掲げられた。
 8年前の北京で銀、4年前のロンドンで銅と、2大会連続しメダルを獲得した藤田選手だが、3度目の出場となるリオ・パラリンピックでは金メダルが期待されている。
 藤田選手は現在、スペインで開かれている世界大会に出場しており、その大会を終えたあとの21日、東京から空路稚内入りし、午後5時から工藤市長を訪問したあと記者会見に臨む。
 市長表敬の際、市から50万円の夏季パラリンピック出場奨励金、記者会見の前には稚内スポーツ振興協議会(増田雅俊会長)から20万円の奨励金が贈られる。