名古屋の医師

 稚内署は11日午後、利尻空港警備派出所内で人命救助に貢献したとして名古屋在住の医師蓮見昭武さん(74)に感謝状を贈呈した。
 今月8日、利尻山を下山中、神奈川の60代女性が体調不良で動けなくなったとの救助要請で道の防災ヘリが出動。市立札幌病院に搬送されたが、蓮見さんと友人ら10人は下山中に倒れている女性を発見し診断したところ脳疾患の疑いがあるため救助隊が来るまでの3時間救護した。
 蓮見さんは救助隊が到着しヘリがある場所まで一緒に下山するなど迅速かつ適切な行動と、警察官等への的確な助言を行い、女性の一命を取りとめたとして表彰することにした。
 感謝状を受け取った蓮見さんは「医師として当然のことです。お役に立てて良かった」と話し、田辺署長は「専門的な知識があるので救助された女性の家族も安心したことと思います。地元の警察署として感謝しています」と称えていた。