稚内海保は、先に実施した漁港や海岸の廃棄物の不法投棄取り締まり結果をまとめた。
 海洋環境保全推進月間の6月1カ月間、管内の港、海岸で取り締まりをした結果、岸壁からプラスチック容器など家庭ゴミを海に投棄などした廃棄物の処理及び清掃に関する環境関係法令違反で5人(昨年ゼロ)を検挙し書類送検した。
 酒部次長は「6月は坂の下海岸などボランティアでの清掃活動があった一方で、前浜などには不法に捨てられたゴミもあった。海の環境を守るため指導を強化していきたい」とした。