宗谷総合振興局は6月末の管内の交通事故発生状況と市町村別事故死ゼロ継続日数をまとめた。
 6月は稚内だけで6件発生し死者1人、傷者8人。
 今年5月2日、こまどり地区で発生した小学1年生の女児が自宅敷地内で車に轢かれた事故は当初、私有地のため交通死にカウントしなかったが、その後、道警本部が警察庁に1カ月まとめて報告するなか警察庁から「私有地に入る前の一般道で(子供がいるか否か)確認できることであり事故死としてカウントするべし」との指導を受け6月16日、交通事故死として扱うことになった。
 このため稚内の事故死ゼロ日数は173日で途絶えた。
 6月末累計は28件(昨年同期26)死者1人(同2)傷者33人(同28) 。稚内は21件(同19)死者1人(同0)傷者24人(同20) 。
 事故死ゼロ継続日数は猿払村3231日、利尻町2515日、礼文町2177日、幌延町1810日、豊富町1765日、枝幸町1592日、稚内市14日など。