函館から

 FDA(フジドリームエアラインズ)の函館空港からのチャーター便運航が3日午後から始まり、初便で稚内入りした東北などからのツアー客は稚内や離島の観光を満喫している。
 北海道新幹線開業の波及効果を道北にも繋げようと、青森~新函館北斗間の新幹線を利用した函館からのチャーター機には阪急交通社企画の「利尻島・礼文島2つの島に泊まるさいはて離島旅4日間」のツアー客70人が乗り3日午後4時半に稚内空港に到着した。
 ツアー客の多くが仙台、弘前、青森など東北からの人たちで、弘前から来た60代の夫婦は「稚内や礼文など島は初めて。地元の美味しいものを食べたい」と食を楽しみにしている様子。
 4日はノシャップ岬から稚内公園を巡りフェリーで利尻島へ渡った。
 次の函館からのチャーター便は12日。8月末まで13便の運航を予定している。