児童生徒が折り鶴

 今月30日からアーケード街で始まる第29回平和折り鶴まつりを前に、市内小中学校の児童生徒が折り鶴に取り組んでいる。
 潮見が丘小では6月中旬頃から各自が休み時間など利用し行っており、1日午前中、2年生の教室では、児童数人が割り当てられた1人10枚分の折り鶴を作っていた。齋藤彩心さんら3人は「皆の幸せを願って丁寧に折りたい」と話していた。
 市教委によると、昨年は18万8920羽の折り鶴が集まった。今年は折り鶴が15日まで、輪に吊るしたものは26日まで受け付ける。