迅速な事。つい2週間、航路運航について検討しているとの事だったが、電光石火の早業で来月25日~9月16日までSASCO社が運航する事で合意したと藤田社長。以前のハートランド社のよう貨物はなく旅客オンリーだが先ずは目出度し目出度し◆外国との国際航路は今や貨物が主流だが稚内とサハリン州との人的交流には長い歴史があり、客船運航を優先した事は評価できよう◆近くて遠い国が「近くて近い国」となりその日本側の港として稚泊航路があった稚内が似合う。歴史とはそういうものだ。