デザートが人気

 稚内海保の巡視船「もとうら」で船員の調理など担当する上野悟嗣さん(24)が作るデザートが船員たちに好評を博している。
 上野さんは山口県出身で製菓専門学校卒業後、芸人として1年間活動したが、祖父が海保に勤めていたこともあり、平成25年入庁。平成26年から「もとうら」の主計士補として業務に当たっている。
 調理は菓子作りの経験を活かし、調理器具や材料に制限がある中レアチーズケーキ、シュークリームなど作り、船員たちから「とても美味しい」と好評で、様々なメニューのリクエストに応えている。
 17日午前中、昼食のデザート用にカステラを使ったティラミスを作っていた上野さんは「早く先輩たちのようになるため頑張っていきたい」と話していた。